借金ある人がお金を工面する方法

消費者金融からの借金のある人がお金を工面する方法として、過払い請求もあり、債務整理もあります。審査の甘い消費者金融もあります。

金策 即日

2018年03月08日 11時15分

  1. 大手消費者金融が一番早い
  2. 銀行カードローンが即日融資できない理由
  3. 中小消費者金融も即日融資をしている?
  4. 金融業者がNGなら個人間融資はどう?
  5. クレジットカードの現金化の金策対策はおすすめしない
 

 

大手消費者金融が一番早い

即日融資の大手消費者金融。

一番早くに金策したい方は、コレです。

以前は、銀行カードローンも即日融資でしたが、
現在は早くても、翌日になってしまいます。
 

特に大手消費者金融の無利息期間を狙え

大手消費者金融では、初回の借入30日間、
無利息サービスを行っている場合があります。

または、新生銀行レイクカードローンでは、
最大半年間、5万円無利息期間が続くなど、
お得なキャッシングサービスが、あります。

即日融資も大切ですが、利息なしはもっとメリットが大きいです。

各金融業者で、初回だけのサービスですが、
初めての消費者金融なら、利用しない手はないです。
 

すぐに返済なら

例えば、今回の金策がすぐに返済できる予定なら、
無利息期間にこだわることは、無いです。

大手消費者金融の利息は、平均17%程度ですが、
数日返済なら、そんなに利息はないです。

審査の差はあまりないですから、自宅近くに、
無人契約機や、自動契約機がある、
消費者金融に行くことで、即日の現金ゲットがかないます。
 

 

即日融資も良いけれど返済はきちんと考えて

金融会社では、キャッシングに関しては、
どうしたって10%以上は、かかります。

一番低い銀行カードローンでも、14%台です。

ですから、借入金額が高いと、
利息もバカならないのです。

大手消費者金融の、無利息期間サービスは、
大いに利用したいことですし、できれば即日融資で。
というのなら、絶対に検討しましょう。
 

在籍確認が大きなポイント

平日だけではなく、
24時間インターネット申し込みも、あります。

では、夜中の12時に申し込みをしたとして、
すぐにキャッシングができるか?というと、そうではないのです。

審査が始まるのは、営業時間内です。

自動審査はできないので、
消費者金融が、開いている時間でないとNGです。

では、勤務先が日曜日だと、
今度は、在籍確認ができないので、審査が進まない。

ということで、かならず消費者金融が開いている時間で、
勤務先の、在籍確認ができる時間でなければ、即日融資ができないのです。

ただし、在籍確認ではなく、社会保険証、
写真付きの社員証などで、在籍確認ができる場合があります。

この場合は、勤務先の時間関係なく、審査完了ができます。

しかし、会社によって、
社員証がないときには、やはりNGです。
 

審査を受けたい時間に気をつけて

まずは、どのような審査なのかを確認して下さい。

朝一の申し込みではなく、
前日のインターネット申し込みが良いとか、
借りられない条件なども、要チェックです。

特に多重債務者、債務整理者などは、
現在の総量規制や、自己破産した年数も関係します。

大手消費者金融での即日融資は、
嬉しい対応、無利息期間も魅力的ですが、
確実なキャッシングができるようにするには、前準備が必要です。
 
▲メニューに戻る
 

 

銀行カードローンが即日融資できない理由

キャッシングは消費者金融が早い。

だけど、銀行カードローンの方が、利用限度額は高い。

しかも、低金利ですし、利用価値はある。

信用も、審査が厳しい分、
銀行カードローンの方が、ステータスもある。

消費者金融と銀行カードローンでは、
銀行カードローンの方が、何かと便利なようですが、
現在、即日融資はできないのです。

少し前なら、すぐに入金されたのですが。
 

そう言えば、無利息期間サービスもあまりない

消費者金融では、無利息期間を付けて、
30日間は、金利なしのキャッシングができます。

銀行ではそのような事は、新生銀行しかしていないです。

新生銀行レイクカードローンだけは、特異な存在ですが、
銀行カードローンのサービスは、いまいちだよね。
と言う、口コミは多いです。

その通りであり、銀行カードローンは、
キャッシング規制で厳しくなっているのです。
 

知ってた?銀行カードローンは後発なんだよ

サラ金時代では、銀行カードローンは存在していなかったのです。

消費者金融A社もなかったのですが、サラ金では30%超の高金利で、
専業主婦にさえ、300万円ものキャッシングが、できた時代でした。

今では到底考えられないのですが。

それが、グレイゾーンの撤廃、過払い金返還請求などで、
消費者金融全体が、ガラガラと崩れていき、
今や大手消費者金融は、メガバンクの傘下になってしまった始末。

銀行カードローンなどが登場したのは、それからです。

満を持して、低金利で口座開設などを条件に、
銀行カードローンが台頭し、総量規制もないことから、
バンバンキャッシング天国になったのです。

実は、限度額が高いのも、返済能力が高い顧客に対して、
増額の勧めなどが、行なわれていました。

ですから、債務整理が急増し、消費者金融では、総量規制で、
年収3分の一と言う限度額なのに、銀行カードローンは好き放題、
貸して貸して、貸しまくっていったのです。
 

 

審査は厳しいはずだけど

それが最初の審査が通れば、あとはザルです。

案外多額の限度額設定で、同時に、
金利の収入で、銀行そのものも、儲けが大きくなっていったといいます。

インターネットでは、メガバンクのカードローンの、
バナーが多く、限度額800万円という内容も多かったです。

良く調べて見ると、地銀も信用金庫もカードローンがないところはない。
と言うくらい、キャッシングに花を咲かせていました。

それと同時に、銀行カードローン債務整理が急増。

ブレーキがかかったのは、2017年です。

そして、いよいよ審査も厳しくなって、
2018年からは、即日融資がなくなったということです。

それでも審査に通過したら、
翌日キャッシングということなのですが、
大手消費者金融のように、即日カード発行や、即日融資はないのです。
 

確実な即日金策は大手消費者金融で

ということで、銀行カードローンでの即日融資は難しいです。

未だに最短即日という、ホームページの表記があったとしても、
“最短”はないと、思ったほうが良いのです。

ですから、大手消費者金融でインターネット申し込み、
無人契約機などでの、カード発行か、店舗での申し込みが一番はやいです。

急いでいないのなら、銀行カードローンの低金利がお得でしょう。

将来も使いたいのなら、大手消費者金融より、
銀行カードローンを持っておく方が、低金利のキャッシングができます。
 
▲メニューに戻る
 

 

中小消費者金融も即日融資をしている?

中小消費者金融を、ご存知でしょうか?

キャッシング申し込みをした後に、審査に落ちてしまって、
どこかで借りられないかと、インターネットでいろいろと検索をして、
ブラックでも借りられると言う、消費者金融が出てきます。

そのほとんどが、
中小消費者金融や、街金と呼ばれる金融業者です。
 

そこは何?

金融機関、金融会社ですが、
サラ金の、残骸というべき存在です。

悪い意味ではないのですが、大手消費者金融のように、
派手な宣伝もしない、カードローンでもない。

申し込みの金額に合わせて、審査を行って、
もし借りれるようなら、現金か、振込で
お金を貸すという業者です。

怪しい。

当然名前も知らない会社ですから、そう思うのは自然です。

ところが、これらの会社は、
サラ金時代から続く、正規金融業者である場合が多いです。

社名を変えて営業していたり、新しくできた会社も多いです。

この中小消費者金融では、大手消費者金融で、借りられない方に対して、
貸金業法の法定内で、正規でキャッシングができる会社なのです。

ですから怪しい事もなく、金利は高いですし、
カードがないことで不便ですが、ブラックリストにも、
キャッシングができるという、画期的な会社なのです。
 

ブラックキャッシングの世界へようこそ

現在、インターネットの普及によって、
さまざまな情報が、得られるのですが、
中小消費者金融の情報も、同様です。

そして、以前は、電話か会社に出向いての、
申し込みだったのですが、現在は、大手消費者金融同様に、
インターネット申し込みが、できるようになりました。

と同時に、中小消費者金融は、地域限定のキャッシングでした。

しかし、全国対応、来店不要での大手消費者金融と、
同じ内容の、キャッシングができるのです。

ブラックでも借りられるという、
キャッシングが、インターネットで手軽にできるようになりました。
 

 

ブラックと言っても

ブラックキャッシングでも、
中小消費者金融の審査が、あります。

大手消費者金融や、銀行カードローンより、
甘いと言う程度ですが、甘さの基準はそれぞれです。

ホームページにはそっけなく書いてあります。

それぞれの、中小消費者金融の情報に関しては、
数多くの解説サイトが開設しています。

是非参考にしてみて下さい。
 

見つけた!即日融資の中小消費者金融

実は、中小消費者金融の多くが、
即日融資は、していないのです。

ホームページに書いてあったとしても、振込キャッシングですから、
審査が、振込時間までに終わらないというのが、大きな理由です。

大手消費者金融の審査は、コンピューターで終わるのですが、
中小消費者金融の多くが、コンピューター以外にも、
審査が、存在するのです。

その一つが、電話による事情聴取です。

言葉は悪いのですが、大手消費者金融の審査落ちの理由として、
多重債務などがあったり、債務整理などがあります。

また、ブラックOKと言う割には、
関係の無い質問が多いなど、どうしても時間がかかります。

大手消費者金融では、身分証明書だけでの書類で、
それもWEBで送信できましたが、中小消費者金融では、
契約書や収入証明書などがあり、それから審査の場合も。

しかし、アローは即日融資ができると評判です。

かならずではないのですが、審査時間が早いです。

ということで、ブラックキャッシングでも、
即日融資の金策が、できる場合があります。

大手消費者金融ほどの、
確実性は無いのですが、早い所もあります。

来店が即日融資の可能性が高いというのですが、
平日の昼間の、来社でなくてはならないですので、ここは要チェックです。

ブラックキャッシングでも即日金策、できるかも?
 
▲メニューに戻る
 

 

金融業者がNGなら個人間融資はどう?

金融機関で、お金を借りられるのは、審査に通った方たちです。

銀行カードローン、大手消費者金融、中小消費者金融、
クレジットカードのキャッシングなど、すべてに審査があります。

最終的には、中小消費者金融の審査落ちですと、
金策は、借りる方法ではできないです。

消費者金融では、総量規制、多重債務、延滞などの信用情報や、
収入などの申込情報から、総合的な判断で、キャッシングの可否が決まります。

特に中小消費者金融の金融ブラックでは、信用情報で、
金融事故があっても借りられるのですが、総量規制以上、
5件多重債務者などは、審査落ちですし、延滞がある時点では審査もしないです。
 

個人間融資がある

そこで金融業者を離れて、個人間融資に行く方もいます。

大至急お金を貸して。とツイッターや掲示板で書き込むと、
貸してあげるという方がいても、その場で交渉ができる内容です。

振込だけではなく、ギフトカードだったり、
現金手渡し、ネット銀行での送金などで、即日で金策に成功できるというもの。

業者ではなく個人相手ですから、信用情報の審査もなく、
なんだったら言わなくてもいいし、交渉次第で、
返済もなんとかしてくれそう。という、淡い期待があります。

果たして、この個人間融資は成功者がいるのでしょうか?
 

 

情報サイトでどう判断してる?

ブラックキャッシングの中小消費者金融では、
利用者が多く、口コミをしています。

決まった審査ですから、5社の多重債務者では無理らしいとか、
自己破産をしたとしても、1年程度で審査は通るなどの、
具体的な内容が多いです。

ガサネタの内容はあまりなく、豊富な情報サイトから、
たいていの、中小消費者金融の、正確な審査基準はわかります。

ところが、個人間融資では、
借りられる相手を特定できないのです。

良い掲示板などはあるのですが、実際にキャッシングをするのは、
その掲示板の管理者ではなく、書き込みしている個人です。

ですから、私の相手は良い人だった、
僕の相手は闇金だ。という内容しかないです。

そして、毎日更新を続けている個人間融資ですが、
現金をもらえたのか、金利はどうしているのか、
危険じゃないか?などの情報が定かではないのです。

ですから、金策も、
確かな方法であるかを、確認できないのが現状です。
 

個人間融資は危険の警告が多い

その一方で、個人間融資での犯罪や、被害などばかりが目立ちます。

それでも、中小消費者金融よりは高いけれど、
貸してくれた人がいるとの情報に飛びつくのですが、
大半は闇金業者らしい。という口コミが多いです。

そこは自己判断ですが、金融業者から借りられないのであれば、
諦めるのが、良いのではないかと思われます。

ブラックOKの情報がある、中小消費者金融での審査落ちでは、
最終的には、債務整理しかないというのが常識です。

即日の金策は、大手消費者金融が確かですが、
中小消費者金融でもだめなら、今の信用度はゼロということです。
 
▲メニューに戻る
 
 

クレジットカードの現金化の金策対策はおすすめしない

金策もATMが使える方法が良い。

銀行振込ではなく、カードローンが何かと便利ですが、
即日融資の大手消費者金融では、審査が厳しい人もいます。

中小消費者金融でも、カードローンはあります。

即日融資はできないことが多いですし、
銀行カードローンも最短即日とありますが、
すぐにお金にならないことが多いです。
 

審査落ちの現実

中小消費者金融の審査に落ちてしまったら、
消費者金融の借入が、できないです。

銀行カードローンなんていうのは、
とんでも無い厳しい審査です。

こんな時に、フラフラとブラックOKの闇金に行く方がいますが、
ここは、貸金業者では無いので、ご注意を。

即日融資の金策ができるのは、
確実なのは、大手消費者金融です。

金融ブラックでは、融資を受けたいけれど、
できないのが現実です。
 

そうだ、クレジットカードのショッピング枠

以前も、メルカリで現金の出品があり、大きな話題になりました。

10万円を、クレジットカードで買って下さいという内容です。

即完売という結果でしたが、わかりやすい商品です。

現金が10万円、それをショッピングできるのですから。

そして、クレジットカードの現金化も同じ仕組みです。

クレジットカードのショッピング枠を、
現金にしてもらうのですが、10万円の枠があれば、
手元にはいるのは8万円程度。

2万円は手数料で、あとはクレジットカードの返済をする内容です。

10万円で8万円を購入したことになり、審査もなしです。

クレジットカードの金利は低いですが、
もう既に2万円は、利息として払っていることになります。
 

 

現金化は合法?非合法?

微妙な判断ですが、法律的には非合法に近いです。

ただし、現在は表立った取締はしていないのですが、
クレジットカードの現金化後の、キャッシングはできないことが多いです。

個人信用情報機関で、現金化の記録が残り、
そのクレジットカードは、使えなくなったりすることがあります。

ですから、できれはしないほうが良いのですが、
即日融に近い、現金入手としては画期的です。

ただ、違法業者も多く、現金が送金されないトラブルもあります。

訴えたとしても、クレジットカードの返済を、
しなければならないことになります。

暗証番号などを盗まれたのではないので、
犯罪に巻き込まれたのではなく、
現金化行為そのものが、怪しいことなのです。

なお、キャッシングのように、途中で、
返済ができなくなった時に、債務整理はできないです。

商品を手にしていない、現金化業者に対しての、
債権者としての立場が無いので、
弁護士に泣きついても、解決ができないのです。
 

中小消費者金融審査落ちは

現金化などは考えず、
多重債務者は、債務整理をしましょう。

債務整理後のブラック期間であれば、我慢しか無いのです。

日雇いバイト、ショットワークスなどで、
現金を作ることをおすすめします。
 
▲メニューに戻る