借金ある人がお金を工面する方法

消費者金融からの借金のある人がお金を工面する方法として、過払い請求もあり、債務整理もあります。審査の甘い消費者金融もあります。

お金の工面 無料相談

5万円必要

2018年02月01日 16時14分

5万円必要の関連記事

  1. 5万円、借りられる?あなたにとっては大金かも?
  2. 総量規制範囲内しか借りられない
  3. 5万円は大手消費者金融?銀行カードローン?
  4. 金利は高いが中小消費者金融の審査は甘い
  5. パパ活できない人はキャッシング?
お金の工面 無料相談

5万円、借りられる?あなたにとっては大金かも?

キャッシング会社に融資の申込の時、5万円は多いか少ないか?
それは申込者の収入と借入状況によります。

生活費下さい

個人間融資をご存知でしょうか?
掲示板やツイッターで業者を介さず、直接お金のやり取りをすることです。
その時に掲示板の書き込みに、家賃の5万円を貸してください、母子家庭で大変です、2万円貸してくださいという内容があります。
どれも切実なのですが、消費者金融などの審査に通らないのか、単に個人間融資が良いからなのか、彼らにとっての5万円は大金のようです。
パパに5万円もらっちゃった、お小遣いだって。
パパと言っても、パパ活をしている場合は、当然の報酬でしょう。
この場合、案外と奨学金の返済に消えたり、電気料金の未払いのためのパパ活の方もいます。
また、多重債務の返済をしなければブラックという方にとっては、切羽詰まる5万円です。
東京などでは、家賃にもならないのですが、田舎に行けば、5万円で暮らしている方もいます。

肝心の5万円が借りられるか?

収入がある大人であれば、金融業者の申込はできます。
そこで、今までキャッシングをしていない、完済後、金融事故もないのなら、充分借りれる数字です。
これが10万円以上になると、少し難しい場合があります。
ところが、金融事故があって中堅消費者金融などに申込をした時には、多重債務者なら総量規制範囲内ですし、過去の金融事故で延滞があったり、現に延滞していて借入をしたい方難しいです。
あなたの総量規制の許容範囲は1万円です、と言うときには、1万円のキャッシングができます。
審査基準にあう金融事故が条件ですが。

カードローンも中堅消費者金融も返済能力があれば5万円は軽い

審査のポイントは、返済ができる申込なのか?ということです。
一般的に消費者金融に申込をする方の年収は、100万円程度は必要と言われています。
アルバイトやパートでも審査に通過しますが、100万に近い数字がほしいところです。
100万円で総量規制は33万円程度ですが、そのうちの5万円というと、多重債務でなければ問題はないです。
たとえ、多重債務でも15万円程度ならいけるということです。
審査の甘い中小消費者金融では、総量規制100%までの借入が可能ですが、業者によっては、最低借入が3万円とか5万円となっている場合があります。
この時には、1万円程度の総量規制の余裕がない方には、審査落ちになり、5万円は大金になってしまうことでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
お金の工面 無料相談

総量規制範囲内しか借りられない

大手消費者金融の審査には実際に申込をしないと、一体いくら借りられるのかわからない方もいます。
審査落ちしてしまうかもしれないと危機感を持ちながらの申込をする場合もあるでしょう。
多重債務者にはあるあるの話ですが、確か先月返済をしたから、借りれるよな?と思いながら、カードローンで引き出す。
そんな経験はある方は多いでしょう。

資金調達にカードローンは便利すぎ

即日融資の大手消費者金融や銀行カードローンは、申込はとても簡単です。
必要事項を入力して、身分証明書を提出、それも添付処理で対応です。
ですから、簡単に多重債務もなるし、総量規制の限度額もあっという間です。
返せば文句はないでしょう?というのは、一度契約をした方の常套句ですが、確かに返済を守れば、許容範囲の借入は大丈夫です。
総量規制3万円しかないのに5万円必要と申込をして断られた。
やっぱり残ってなかったか、と確認。
そんなカードローンの使い方もありです。
利息を付けてきちんと返済したらの話です。

返済ができないかも?

多重債務のきっかけが、他社の借入の返済の場合もあります。
増えて否定はしないことですが、本当はしないほうが良い方法です。
そこで、次に借りるところは利息がゼロになる無利息期間に、というのですが、総量規制の範囲内がないと審査落ちです。
そして、無利息期間は30日間ですから、返済まで数ヶ月かかる場合は、利息が付きますので、注意が必要です。
現に、返済のための新規キャッシングということは新たな借金を増やしている事に気が付きましょう。
無利息期間の使い方を間違えると、大変な計算違いから、予定外の出費になることがあります。

5万円、返済の見込みはありますか?

大手消費者金融でも中小消費者金融でも借りた場合は、利息を足して返済です。
大手消費者金融審査落ち後に中小消費者金融にいくことがありますが、必ず返済ができるお金であることを証明できることです。
返済回数が多くなったとしてもいいんです。
きちんと完済ができるだけのものがある時だけ、中小消費者金融の申込をして下さい。
多重債務者なら総量規制範囲内と限定的ですが、債務整理後などの場合、金融事故解決後で総量規制に余裕があり、気持ちが大きくなってしまうことが多いです。
無利息キャッシングは30日間ですが、普通のキャッシングの期間は利息はありです。
それを計算した上で、返済できるであろうという5万円であれば、中小消費者金融の利用がオススメできます。
とりあえずの無計画なキャッシングは、中小消費者金融では厳禁です。
 
▲メニューに戻る
お金の工面 無料相談

5万円は大手消費者金融?銀行カードローン?

日頃あまりキャッシングには縁のない生活をしていても、急に5万円必要という事態には、大手消費者金融カードローンや銀行カードローンが便利です。
もし、そのお金がすぐに返済できるのであれば、大手消費者金融の無利息期間30日というローンをオススメします。
30日以内ならゼロ利息は本当です。
無利息キャッシングは、初めての利用限定ですが、キャッシングをするのなら、利息がないのがベストです。

銀行カードローンはどう?

大手消費者金融と銀行カードローンは何かと比較されることですが、銀行が良いのは、多少金利が低いからです。
総量規制対象外であり、キャッシングとは別の口座利用によって、金利が下がったり、増資のチャンスも多いです。
ずっとクレジットカードの引き落としを遅れずに行っている。
各種公共料金の引き落としなど、口座利用をすることで、審査の評価も上がります。
銀行カードローンと言えば、三井住友銀行カードローン、オリックス銀行カードローン、楽天銀行カードローンなどが有名ですが、自身が普段使っている地元の銀行でもカードローンを取り扱っています。
口座利用でカードローン申込では、たまにキャンペーンも行っていて、ネットだけが銀行カードローンのチャンスではないようです。
店舗に行った際には要チェックです。

キャッシング会社ではないけれど

銀行カードローンの場合、法律は銀行法の貸付ですが、貸金です。
無利息期間などはないのですが、金利は緩めなのと、信用情報的には、銀行の審査に通過という信用ができると言われています。
ですから、5万円必要と言うとき、キャッシングの機会は、大手消費者金融だけではなく、銀行カードローンも検討してみて下さい。
金利差は大きいですが、信用情報の問題となれば注目です。
もし、銀行カードローンができない時、借りられない時に大手消費者金融に申し込むのもありです。
自動契約機を使えば、カード発行も即日です。

審査と言えば

銀行カードローンも大手消費者金融も審査に通らない場合は、信用情報で金融事故がある状態です。
しかし、実は全くの無事故なのに、審査落ちをする方がいますが、間違った情報入力です。
特に多重債務は借入件数や金額の間違い、多少盛った年収などは、審査落ちの原因になります。
また在籍確認の問題ですが、会社に電話をされたくないときには、是非相談をして下さい。
大手消費者金融では、在籍確認以外での証明にも対応しているところがあります。
 
▲メニューに戻る
お金の工面 無料相談

金利は高いが中小消費者金融の審査は甘い

大手消費者金融や銀行カードローンのキャッシングは金利が10%を越えています。
クレジットのショッピングより高いです。
15%近い金利では、多重債務になると金利だけでも相当な内容です。
毎月たくさん払っているけれど、なかなか減らないというのが現状です。
キャッシング会社はそれで良いのです。
これでも貸金業法改正で、最高金利20%になったので、金融業者としては頭の痛い収益です。

少額で良いから借りたい

大手消費者金融でも大歓迎の客です。
いきなり100万円とか、50万円というのは、大手消費者金融でもお気軽ではないでしょう。
完済してくれるか、直接触れられない話題ですから、返済を待つしかないです。
そこで、返済を順調にできれば、問題なしですが、何か1つでもトラブルがあれば、金融事故として個人信用情報機関に報告が行きます。
これが、金融事故、ブラックリストの原因です。
ですから、金融業者としては少額希望の客がたくさん来てくれるのが嬉しいのです。

大手消費者金融でブラックでも中小消費者金融に行けば借りられる

中小消費者金融に行けば借りられることが多いです。
特に、総量規制範囲内は余っているのに、多重債務で大手消費者金融の審査に引っかかった場合、収入が安定したのなら、審査が通ります。
この時に、顕著なのが中小消費者金融では小口融資がほとんどということです。
これも、ブラック相手の貸付で、いきなり高額キャッシングはしない。
完済できない契約はしないですから、高くて50万円です。
最もそんなに総量規制の範囲がある方は少ないといいますが。
中小消費者金融では、小口融資で多くのブラックを受け入れることで、確かな返済を待っています。
大手消費者金融より高めの金利ですが、20%を超えることがないので安心です。
ブラックの資金調達は中小消費者金融で、少しだけできるのです。

中小消費者金融で5万円はきつい人も

小口融資を対象にしていますが、総量規制でそこまで余っていない方も多いのが中小消費者金融です。
ですから、5万円必要といっても総量規制がいっぱいだよと言われたのなら、審査落ちです。
ただし、この場合は、数回返済をした後の申込で、総量規制が余っていれば対応してくれます。
その他の審査基準で引っかかっていないことが条件です。
ただし、中小消費者金融でも今日借りたい、即日融資の願いはかなわないことが多いです。
審査だけでも数日から1週間はかかってしまうことが多いです。
 
▲メニューに戻る
 
お金の工面 無料相談

パパ活できない人はキャッシング?

パパ活と言えば、若い女性がパパ(一般男性)と一緒にデートをすることで、お小遣いをもらうことです。
パトロンとか愛人ではなく、どちらかというと親子ほどの年の差で、生活支援のために、資金提供をしているイメージです。
しかし、個人間の付き合いの内容はわかりません。
パパ活してる女性は原則20歳以上ですが、援助交際のようなディープな内容ではなく、ご飯を食べるだけでお小遣い。
若い女性に人気なのは納得ですが、それが直接生活費になっている場合もあります。
男性なら、若い困っている女性を助けている、女子との時間に数万円は安い、そんな方も多いようです。

パパ活ができないから、キャッシング

パパ活はキャッシングではなく返済をしなくても良いですが、付き合う内容もいろいろです。
ただ若い女性と言う武器を最大限に活かした稼ぎ方といえるでしょうが、できない方もいますし、ある程度年齢が行けばできないことです。
ママ活はないので、若い男性らは機会がないでしょう(できるかも?)。
いずれにしても、このような稼ぎ方は、不労所得として注目され始めました。

個人間融資は勧めない

大手消費者金融やキャッシングで借入ができない方で、個人間融資の書き込みで貸してくれる相手を探している方もいます。
ここの情報は口コミとして上がってこないです。
パパ活もそうですが、どんな内容でどんな感じでお金が受け取れるかがわからないです。
5万円借りたい、10万円借りたい、今日借りたいというコメントはありますが、では借りられましたか?ということはわからないのです。
また、闇金であったり、ストーカー行為もあり、個人間融資はあまり良い口コミはないのです。
ただ、審査落ちでどこからも借りられない場合は、どうしましょう?
闇金しかないかな?

借りられない時に考える事

消費者金融がダメだから闇金。
これは解決していないことがあります。
どうして、自分が5万円も借りられないのか?
単純に借りすぎていて返済をしたら借りれるようになったり、返済遅れが続いた。
もう4社から借りているなどの原因があります。
では、とうしたら良いか?
返せないから借りる自転車操業的にキャッシングはしないことです。
返せないのなら、返せるようになれば良いのです。
それが債務整理です。
審査落ちになってしまう金融事故の解決法は債務整理しかなく、ここからしばらくキャッシングはできません。
しかし、10年後には、総量規制範囲内で大手消費者金融でも銀行カードローンでもどこからでも借入ができます。
10年では遅いって?
金融事故の解決法は、これが一番なのです。
 
▲メニューに戻る
お金の工面 無料相談
お金の工面 無料相談