借金ある人がお金を工面する方法

消費者金融からの借金のある人がお金を工面する方法として、過払い請求もあり、債務整理もあります。審査の甘い消費者金融もあります。

お金の工面 無料相談

お金の工面

2018年02月14日 14時49分

  1. お金に困ったらどうしたらいい?
  2. お金の工面はどうしたらいい?
  3. 間違っても闇金から借り手はいけない
  4. なんとかしてお金の工面をしたいときは
  5. 結局どこでお金の工面をしたらいいのか
お金の工面 無料相談

お金に困ったらどうしたらいい?

お金に困ったらどうしたらいいのでしょうか。

一番良いのは我慢する…ということでしょうか。
無い袖は振れないということで堅実な方法のように見えます。それでも欲しいものがあったらどうでしょうか。

人は現金派とローン派に分けられるといいます。
そうなると、お金がなければお金が貯まるまで欲しいものは我慢するという人もいるでしょう。

一方でお金がなくてもローンで買うことができると考える人もいます。
マイカーローンなどがそうですし、顕著な例としては住宅ローンなどがそうです。
住宅となると話が別という感じもしないでもありませんが、住宅を購入するのに現金で一括で払う人は少ないでしょう。

住宅ローンは別格としても欲しくてもお金がなければ我慢する人、お金を借りてでも欲しいものを買いたい人に大別できるということです。
それでも欲しいものが欲しいからとお金を借りることができる人はいいでしょう。
もっともクレジットカードがあればリボ払いなどにして分割で欲しいものを購入することはできます。

それでもクレジットカードには利用限度額があるので、欲しいものを次々に買っていたらいつのまにかクレジットカードの利用可能限度額一杯まで使い切ってしまうことになります。
そこでさらに欲しいものがあったらどうでしょうか。
そこはさすがに我慢するという人もいるでしょう。

しかし、さらに借金をしてでも欲しいものを手に入れたいと思う人もいるのです。
欲しかったら我慢できないというのも困りものです。

そこで日本の金融システムではお金を貸しすぎないようにしているのです。
例えば消費者金融会社に適用される総量規制ですが、これは年収の3分の1までしかお金の借入れができないという規制です。
ですから、年収が300万円の人でしたら総量規制によって、消費者金融会社からの借入れは100万円が上限となるのです。

もっとも、これには抜け道があって銀行は総量規制の対象外となっています。で
すから、銀行からはどんどんお金を借りることができるとなるのですが、銀行はよく言われるように審査が厳しくてなかなかお金を貸してくれません。
銀行はお金を預かってそのお金を貸し出すことで利益を上げているはずです。

その割合を預貸率と呼んでいるのですが、メガバンクではせいぜい50%程度で地方銀行は70%ということです。

100%ではないということですね


▲トップに戻る
 
お金の工面 無料相談

銀行は貸し倒れをすごく怖がっている

バブルが弾けたころも話題になったのですが、貸し倒れや自己破産や債務整理に陥る個人や法人が激増した敷きです。

そうなると銀行も経営が傾きます。
実際に経営破綻した銀行もありました。

その教訓が生きていて、現在の銀行は預貸率を見てもわかるように融資に積極的ではないように見えます。
そうなると、銀行からお金を借りることができない人は消費者金融会社に流れてしまうのです。

しかし、消費者金融会社では総量規制があるということで、なかなかお金を借りることができません。
消費者金融会社の場合は広く浅く融資をするしかないので、その分広告宣伝費が圧迫するということですね。

お金を借りることができない人は、どうしたらいいのかというと、今度は個人間融資に走るのです。
これはネットの掲示板で広まっているものですが、個人間融資とは名ばかりでかなりの業者が入り込んでいるという話もあります。

ネット広告にはお金がかかるから個人間融資掲示板を利用して融資を行うというのも悪い方法ではないと思うのですが、中には闇金といった非合法の貸金業者も出入りしている可能性もあるので、個人間融資掲示板に飛びつくのも考えものと言えるでしょう。

話を元に戻しますが銀行は本当に審査が厳しいのでしょうか。
これは銀行からお金を借りることができない人の声であることは間違いありません。
そうなると、全ての人が銀行からお金を借りることができないか、あるいは審査が厳しいと感じているのでしょうか。

預貸率から考えると半数くらいの人は住宅ローンも含めて何らかの形で銀行からお金を借りているようです。
ですから、銀行が誰にでも融資に厳しいということではないでしょう。
基本的に銀行は返済能力をかなり気にします。

お金を貸すのですから当然ですが、銀行は預金者からお金を預かっているので、その保証をしなくてはいけません。
ですから、貸し倒れになるリスクは極力排除したいということですね。

だとしたら、安定した収入のある人という条件は銀行も消費者金融会社も同じようなものになるのですが、銀行の場合、特に厳しく融資申込者の安定した収入にこだわりがあると言えるでしょう。

その分銀行カードローンは消費者金融会社のカードローンよりも金利が低く設定されています。
借りる側としては金利の低い銀行カードローンから借りたいとなるわけですね。

いずれにしてもパートアルバイトの人でしたら、銀行からお金を借りるのは難しいと言えます。

審査に必ず落ちるとは言えませんが、融資を受けるのは難しいと考えたほうがいいでしょう。
 
▲トップに戻る
 
お金の工面 無料相談

銀行が難しいとなったらどうしたらいい?

銀行でお金を借りることができなかったら、次に考えたいのがやはり消費者金融会社からの融資です。

銀行と違って消費者金融会社の収益は融資した利用者からの利息以外にありません。
銀行と同様に返済能力に注意したいところですが、それ以上にお金を貸すということで収益をあげざるをえないという事情もあるのです。

ですから、消費者金融会社としては、融資申込者の返済能力が低くても、多少のリスクを抱えながら融資をしているということです。
ですから、消費者金融会社ではパートアルバイトの人にも融資を積極的に行っているのです。

消費者金融会社が銀行と同じように審査を厳しくしたらお金を借りることができる人が激減するでしょう。
それはそれで日本経済の停滞を招く恐れがあるということですね。

そうはいっても、大手消費者金融会社の審査基準は銀行ほどではないにしても、他の消費者金融会社に比べても厳しいです。
そうなると中小消費者金融会社や街金と呼ばれる小規模な消費者金融会社に頼らざるを得なくなります。

中小消費者金融会社の中には大手消費者金融会社に匹敵するような規模の消費者金融会社があります。
ですから、お金の面でもかなりの額を融資してくれるでしょう。
その代わり、大手消費者金融会社のカードローンと比較しても金利が高めになってしまうのです。

そのあたりが融資申込者のリスクとなるでしょう。

さらに街金の場合は上限金利20%の金利設定をしているところがほとんどです。
ですから、金利は消費者金融会社の中でもっとも高く設定していると思ってもいいです。
その代わり、ブラックの人でも融資を受けることができるという評判の街金もあるようです。

そういった情報は表だってはありません。

ですから、インターネットの口コミなどを参考にして、金融事故を起こしてブラック状態になっている人でも借りることができたという情報を探してみましょう。口コミサイトを見ていてもかなりの数のブラックの人が街金などからお金を借りることに成功しています。
もちろん借りることができなかったという情報もあります。

属性という信用度を測る指標があるのですが、この属性というのは決まったものではなく一人一人についての属性でさらに常に流動しているのです。
そのときの属性で融資の審査が行われるので、そのときどきによって審査に通る通らないという現象が起こってしまうのです。
 
お金の工面 無料相談

お金の工面はどうしたらいい?

消費者金融会社でもお金の融資ができないとなったらほかの、お金の工面としてはどのような方法があるのでしょうか。

金融機関でしたら、契約者貸付けといった優遇措置もあるのですが、それも属性が低ければどうしようもありません。
保険という意味合いでもクレジットカードがあれば、多少のキャッシングも可能ですが、金利が高くて長期返済などには向いていません。

銀行系のクレジットカードでもキャッシング金利の高さはどのクレジットカードでも変わりはありませんから、クレジットカードのキャッシングを恒常的に利用するのは避けたほうがいいでしょう。

銀行などの金融機関では、定期預金担保貸付なるものがあります。定期預金があればその分だけ普通口座がマイナスになってもお金が引き出しできるものです。
しかし、これは借金ではありませんし、定期預金を担保として利用するものですから当然ですね。

ですから、銀行の定期預金があれば。いざというときは普通口座がマイナスになっても定期預金分のお金を引き出すことは可能なのです。

しかし、十分な定期預金があればこういった方法が使えるのですが、すでにお金に窮している人ではどうでしょうか。
そんな担保はすでに使い果たしている可能性が高いですね。
そうなると、銀行カードローンなどの申し込みになると思います。

保険会社などに保険代金の支払いを口座引き落としにしているなど、普段から銀行と懇意な関係になると、その銀行のカードローンの申し込みに対して審査も緩くなりそうですが、銀行カードローンの場合はあくまでも属性が大切になるので、属性が低くては貸付けをしてもらえない可能性のほうが高いでしょう。
お金を借りたいのでしたら、まずは属性をあげるために生活を立て直したほうがいいかもしれません。

属性というのは制度というわけではないのですが、属性はかなり重視されています。会社員であれば属性はかなり良いはずなのですが、それでも他社借入れが多くなればカードローンなどの融資を受けることは難しくなるでしょう。

ローンの給付を受けたいけども、融資を受けることができないという人でしたら、なんとかお金の工面をしたいと考えるでしょう。
そうすると長年積立型の生命保険を契約していたのを解約して払い戻しを受けている人もいるでしょう。

今では大学生でもお金を借りることができるくらい、審査が緩くなっているという話もあるのですが、大学生の場合は世帯収入を見るので自分自身の属性が大学生で低くても世帯主の収入でなんとかなるのです。
また、定期預金がるのでしたら担保定期貸付けを利用する方法もあります。

保険金を解約するよりもまずは定期貸付けを利用したほうがいいでしょう。
 
お金の工面 無料相談

間違っても闇金から借り手はいけない

闇金という言葉を聞いたことがあるでしょう。

貸金業者の一つなのですが、非合法でお金を貸しているところです。
貸し企業協会に加入していませんし、貸金業を行う場合は都道府県知事の許可が必要になるのですが、そういった許可証も取得していません。

ですからヤミ金は全くの非合法ということになるので、金利も設定し放題なのです。
ですからかなりの高利で貸し出しを行っています。
それでも闇金に手を出す人もいるのです。

多くの場合、借金の返済に窮して闇金に手を出す人が多いのですが、闇金からお金を借りるときは、借用書を書くようになります。
こうなると、友人知人からお金を借りたことと同様になるので、借りた側にも返済義務が生じてしまうのです。

闇金からお金を借りるのは絶対に止めたほうがいいのですが、闇金を利用する人は後を絶たないようです。
インターネットにサイトを開設している闇金はありませんので口コミや何かから情報を仕入れるしかありません。

自己資金のない人でお金の工面がどうしても必要となったら闇金を利用せざるをえなくなることもあるでしょう。
どこからも融資を受けることができなかったらしょうがない面もあるかもしれません。
しかし、連帯保証人になってくれる人がいたら、消費者金融会社からお金を借りることができるかもしれません。

また、担保定期などもあります。審査の緩い消費者金融会社もあるので、そういったところにあたってみるのもいいでしょう。

いずれにしてもキャッシング融資を受ける手段はまだまだあるので、闇金から借りるのは絶対に止めるようにしましょう。
金利が10日で1割という法外な高利を設定する闇金もあります。
短期で返せばいいという判断も働くのですが、実際には利息を返済するだけでも四苦八苦してしまいます。
結果的に返済できずに夜逃げをするしかなくなります。
それほど払えなくなった場合の取り立ても厳しいのです。

あげくには市内に住めなくなってしまうでしょう。
闇金に借りるくらいなら債務整理をして生活保護を受けたほうがいいということになります。

お金の工面については、どうにもならなくなっても闇金を利用するのではなく、闇金以外の貸金業者を探すようにしたいものです。
情報通になると、どこの消費者金融会社の審査が緩いとかブラックでも貸してくれるといった情報を持っているものです。
口コミサイトを参考にしてそういった情報を入手するようにしましょう。

もっともブラックとまではいかなくても、多重債務などに陥っている場合は銀行からの融資の可能性は0%と思ったほうがいいでしょう。
 
お金の工面 無料相談

なんとかしてお金の工面をしたいときは

どこからもお金の融資をしてもらえないというときは、自分の属性が低くなっているのが原因なのは間違いありません。

世帯収入に頼りたいところですが、それもだめなら自分自身で突破するしかありません。
生活費を切り詰めてもお金に窮しているのでしたら、働き場所を考えないといけないこともあるでしょう。

パートアルバイトよりも正社員になることが先決です。
正社員のほうがお金を借りやすくなるからです。

また、正社員のほうが銀行カードローンを借りやすくなります。
銀行カードローンがいいのは金利が低く利息が少なくて済むので返済が楽ということですね。

しかし、銀行口座を作ることが必須ですし、属性が低い状況なら銀行カードローンを利用することはできないでしょう。
また生活に窮しているからといって生活福祉資金など生活に必要なお金を圧迫してしまうと、大学生や高校生などの子どもの授業料が出なくなってしまいます。
そういったことがないように仕事をしっかりとしながら、お金の工面を考えていかないといけないのです。

クレジットカードのキャッシング機能を利用する方法がありますが、使いすぎるとかなり返済がきつくなります。
特にクレジットカードを持っている分だけ全てキャッシングにしてしまうと、途端に月々数十万円の金額を返済をしていかなければいけなくなってしまうのです。

ネットサイトなどで、お金の工面の仕方などを教えてくれるところもあります。
違法でなければ是非とも参考にしたいところです。

また、退職して失業保険だけでは生活ができずに借入れを申し込むという人もいるでしょう。
失業中であれば、銀行や大手消費者金融会社から融資を受けることは難しいと言えます。
社会福祉協議会に相談して生活資金の融資を相談するという方法もあります。

また、条件も厳しくなるので失業中の融資は難しいと考えたほうがいいでしょう。

いずれにしても金融商品はたくさんあるのですが、どこも返済能力を問われるので、高額の融資を受けるのは難しいと考えたほうがいいでしょう。
また、生命保険の解約返戻金は満額の9割程度になるので損失は大きいのですが、背に腹は変えられないので解約する人が多いようです。

あるいは、中小消費者金融会社の一部や街金などでは、属性に関係なく融資をしてくれるという貸金業者が多いです。
というよりもブラックの人にも融資をしてくれるということで、こういった貸金業者を探すのが一番効率的と言えます。
こういった貸金業者がブラックの人にお金を貸してくれるのは現在の属性を重視しているからです。

自己破産をしている人は反対に資金繰りはよくなっている人も多いです。
ブラックになったからといって会社を退職するわけではありません。

ですから、返済能力は借金がなくなった分、上がっているということから融資を受けやすくなるということですね。
 
お金の工面 無料相談

結局どこでお金の工面をしたらいいのか

インターネットなどでは個人間融資の掲示板などが話題になっています。

これは、文字通り個人が個人向けに融資をすると書いてある掲示板です。
融資をする人のための掲示板と融資を受けたいという人の掲示板と二つに分かれているのですが、個人間融資掲示板という通り個人同士のお金のやりとりとなっているのです。

しかし、実際には融資をする側は消費者金融会社などの貸金業者が多いということです。
普通に考えてみれば個人が赤の他人に融資をするのは大きなリスクがあるでしょう。
貸し倒れなどは頻繁に起こりそうです。

そういった貸し倒れのリスクを抑えるには貸金にノウハウのある消費者金融会社が介在しないと貸付けはできないのです。
実際に口コミなどを見ると、個人間融資掲示板には貸金業者が出入りしているようですし、個人と偽りながら貸金業者を紹介するところが多くなっているようなのです。

ですから、個人間融資掲示板で個人から融資を受けることは難しいと考えていいでしょう。

中には個人同士でお金の貸し借りをして成功した例もあるようですが、普通に考えるとそれは希有な例と思ってもいいのです。
いずれにしても、個人間融資は簡単にお金を貸してくれると評判です。

中小消費者金融会社や街金などは公式サイトを持っていない貸金業者も多く、そういった零細な貸金業者が個人間融資掲示板を利用して集客を行っていると考えたほうがいいです。

また、気をつけなくてはいけないのが闇金業者が出入りしている点です。
これは、実際に闇金業者が出入りしているようですから、気をつけたほうがいいでしょう。

何もわからないままいつのまにか契約をしていて、指定口座にお金が振込まれていたという事例もあります。
個人間融資掲示板の場合は融資までの時間がとても短くあれよあれよという間に融資をしてくれるので、お金の工面に四苦八苦している人にとって、お金を借りるには好都合なのですが、大きなリスクがあると言うことも忘れてはいけません。

個人間融資などを利用するくらいでしたら、自分が現在利用しているカードローンの利用限度額の増枠申請ができないかどうかなど、できることを実行してみましょう。
意外とそういったところから突破口が広がっていく可能性があるのです。

信用情報期間などに加盟していない、貸金業者では独自審査を行っているので、融資の審査基準が低いとされています。

街金などが主だとは思いますが、融資を受けやすいのは間違いないので、そういったところにあたってみるのもいいでしょう。
 
お金の工面 無料相談
お金の工面 無料相談