借金ある人がお金を工面する方法

消費者金融からの借金のある人がお金を工面する方法として、過払い請求もあり、債務整理もあります。審査の甘い消費者金融もあります。

お金の工面 無料相談

借金が多くてもずっと資金不足でお金を借りたい人はどうすればいい?

2017年07月08日 12時40分

今のカードローンには必ず限度額が設定されていると思います。

銀行カードローンなんかでもお金が借りれる総量規制の制限はないものの、借入限度額はあったりするでしょう。

だからお金が借りたい人がこれ以上の一定額はお金が借りれないというものが必ずあるので、これでお金が借りれない人がいるんだとしたら、毎月借金返済が多い場合とかお金が足りない時に利用出来ないから困る事もあるんじゃないでしょうか。

こういう場合は複数の他社借入があったりすると、毎月の返済も大変だし、キャッシング金利も複数あって大変、しかもこれに生活費や光熱費、毎月の保険料、医療保険や生命保険の支出なんかも考えると、本当にお金があってもあっても足りないんじゃないでしょうか?

毎月の固定費に更なる支出があるんだとしたら、もはやカードローンに救いを求めたい所なのですが、それでもお金が借りれないとなれば、審査に落ちるようであれば、本当に生活は苦しくなる一方なんだと思いました。

だから借金が多い人は余計にお金が借りたいと思ってしまうわけなのですが、これでは総量規制でお金が借りれなくなるでしょうし、銀行カードローンの総量規制なしでも他社借入が審査の邪魔をするかもしれませんでしたから、こんな時は一旦おまとめローンで返済しやすいように返済計画の見直しをしておくべきだったりするでしょう。

よって毎月の返済が多いのであれば、一本化して返済を毎月一回にしてやれば、その他の支出が足かせになる事も減ってくるんじゃないでしょうか。

まあ、この時点で我慢できない人であれば、弁護士に電話して自己破産したり債務整理する人もいるみたいでしたけれど、とりあえず返済能力があったり収入があるようで返済意思も持っているのであれば、他社借入はおまとめローンで一本化返済していくと良いでしょう。

勿論返済額が多ければ、一本化しても返済が終わらないので、これが嫌という場合は債務整理や自己破産するべきかもしれません。

しかしやはり信用情報にブラックを作りたくないとか、カードローンや住宅ローンなどブラックで利用不可になるのが怖いのであれば、おまとめローンであれば、借金整理してもブラックにならないからこれで借入しておけば安心だったりするでしょう。

だけど本当に毎月の保険料や医療費、生命保険や医療保険など支出が多い人がいましたら、これ以上こんな理由でお金が足りないからキャッシングなんて言っていても身が持たないと思いますので、返済に無理を感じているようであれば、債務者は恥ずかしがらずにキャッシングをやめて弁護士に電話をして自己破産するなり債務整理をしておくべきだったりするでしょう。

実際に返済が厳しい人が自己破産の利用者になるパターンは定番とも言えるものでしたので、もしも今後においても返済が出来ないとか、節約しても生活が苦しい
毎月の返済や支出が多くて融資も受けられないなんて状態が続いているようであれば、借入先を探したりキャッシングは検討せず、おまとめローンそれでもだめならば債務整理で自己破産という感じで今出来る可能性のある方法で解決していってみましょう。

恐らくこんな人が50万円借りたいなんて言っても、又返済ですぐに飛ぶでしょうから、今後の為にも今の状況をクリアする為にも、弁護士や専門家へ電話相談とか匿名相談など無料で相談出来るのでおすすめしておきます。
お金の工面 無料相談