借金ある人がお金を工面する方法

消費者金融からの借金のある人がお金を工面する方法として、過払い請求もあり、債務整理もあります。審査の甘い消費者金融もあります。

okanekumen360x120.jpg

奨学金と教育ローンはなんとかしなきゃ

2017年05月24日 11時28分

奨学金の返済ができない方の急増で社会問題になっています。
進学のための奨学金は、就職したあとに、何十年間化かけて返済をしていくものですが、なかなかの金額になってしまう方が多いです。
就職下としても低い給料で大変ですが、生活ができなくなってしまうのは大変です。
奨学金に関して、消費者金融やカードローンと違い、ある程度の猶予がありますから、返済が難しくなったら、必ず相談をしてください。
奨学金は国の貸付制度ですが、大学進学の時に奨学金を使わず民間の教育ローンを利用する方もいます。
こちらは審査を通して、奨学金と同等程度の金利での利用ですが、こちらも猶予がある場合が多いです。
普通のローンと同じです。
相談をして契約内容が変わるとなれば、奨学金も教育ローンも債務整理をしたことになります。
どんな借金でも、途中で契約内容を変えたり、返済額を小さくすることで、個人信用情報機関への記録が残ります。
特に教育ローンは民間のカードローン、カーローンと同じですから、ここからしばらくの間は、消費者金融を含め新規の借金の新規申込みができなくなってしまいます。

そうした事を踏まえ、教育ローンや奨学金の内容を変えることなくお金を作らなくてはならない場合、生命保険の契約者貸付、定期預金を崩すなどの対応を考えてみてください。
これらの貯金がない場合は、消費者金融などの申込が無難です。
総量規制が関係する消費者金融ですが、教育ローンなどは対象外ですから、年収に応じた金額を限度額として借入ができます。

ただし、それぞれの返済状況が悪いと、消費者金融などの審査に落ちることがあります。
総量規制対象外ですが、個人信用情報機関の照会で借入状況などは調べられます。
限度額とは別の意味で、返済の可能性がない場合は、審査が通りません。
そんな時には、審査が甘い中小消費者金融などに相談されることをオススメします。
収入が一定している場合、配慮がある場合も多いです。
同時に、奨学金や教育ローンの返済を小さくするなどの債務整理を行うことですが、中小消費者金融の場合、この債務整理をしたあとでも借入が可能なところも少なくありません。
ただ、大学卒業したばかりの勤務年数が短い方の場合は難しい審査で、借りられない場合が多いです。
okanekumen360x120.jpg