借金ある人がお金を工面する方法

消費者金融からの借金のある人がお金を工面する方法として、過払い請求もあり、債務整理もあります。審査の甘い消費者金融もあります。

お金の工面

お金の工面の関連記事

  1. まとまったお金を作らなくてはならない。
  2. 仕事をしていても返せない場合
  3. 預金と生命保険からお金を作るほうが良い
  4. 消費者金融でも借りられない方
  5. お金を作る 収入がないと借りられない
お金の工面 無料相談

まとまったお金を作らなくてはならない。

または、数万円の穴埋めが必要。
お金の工面は、その利用金額、目的によって作り方が変わります。
また、貯金の有無、生命保険の加入状況によっても、借金をしなくて済むこともあります。

生活水準は確保したい

金融機関に預金や貯金を定期預金としてある場合、定期預金担保貸付を考えてみましょう。
これは、自分の預金を担保にして90%程度を借入できるものです。
いわば、自分に借金なのですが、この時の利息は、定期預金の金利に反映されますが、数%程度です。
そして、返済ができない場合は、自動解約となり、手元にお金が残らないだけです。
ここで、解約をしてしまえば問題はないのですが、現在の金利が良い商品や今後穴埋めができるのなら満期まで頑張ることをオススメします。

生命保険の担保定期貸付

生命保険も同様で、すでに支払いをした保険料の90%程度まで借りれます。
定期預金同様に、自分の借金で返済ですから、もし完済できない、保険料がおつかないときには、解約になります。
ちなみに、貸付を行っている間も保障はついています。
定期預金のときと同じく、解約をせずに、貸付にすることで、生命保険の機能はそのままに、借入ができる便利な内容です。
定期預金にしても、生命保険にしても、今まで自分が払ったものであり、借金と言っても誰にも迷惑がかからないです。
返済ができないとしても、損をした程度であり、苦しい返済に追われることなく、解約ですべて解決です。
契約者貸付を利用して、完済をしていないと解約返戻金は当然少ないかゼロになります。

契約者貸付のメリット

このように、自分の財産を切り崩すのは、定期預金や生命保険の他に、不動産担保ローンの形も同様です。
土地の評価額の70%程度の貸付ができ、カードローンよりも低金利です。
事務手数料なども多く、抵当権を変えたり、さまざまな手続きがありますが、土地担保ということで、大きなお金を工面することができます。
子どもの大学の入学金などのまとまったお金をローンでというよりも、金利は低く、長期返済が選択できます。
担保定期貸付や生命保険から借りれることを知らない方も多く、不動産で融資ができることも初めて知る方も多いです。
連帯保証人なども不要で、大きな資金が作れます。

大きなお金の時の場合

担保定期貸付などは、自分が積み立てた金額の9割です。
限界が見えているため、ローン地獄にならないです。
また、不動産担保ローンももし完済ができないのなら競売という形で解決がつき、借金を抱える事になりますが、自己解決ができる方法です。
数万円程度であれば、返済できるめどもあり、定期預金があればそこからの借入がオススメです。
消費者金融や銀行カードローンに申し込みをしようという方は、担保貸付の利用がベストです。
もし定期預金や生命保険があればの話しですが。

▲メニューに戻る
 
お金の工面 無料相談

仕事をしていても返せない場合

貯金もない、生命保険にも入っていない、土地もない。
借金もないけれど、お金もない。
そんな方のお金を作る方法ですが、状況によっては、作り方が変わります。

仕事をしていない

生活保護や何らかの理由で仕事ができない方は、基本的に上記のタイプです。
貯金や保険加入はできないのですが、借金も作る事ができません。
消費者金融などで、カードローンの申し込みで収入がある方とありますが、生活保護や公的年金は含まれません。
キャッシングをする時には、私的な収入がなければならないのです。
このような方の借金は、生活保護と生活福祉資金などです。
自治体によって、資格が違うのですが、一応貸出の形はあります。
しかし、返済義務が生じる借金の類もあり、生活保護を受けているのにお金が足りないというと、生活状況などの改善命令がある場合もあります。
ここで、内緒で闇金などと契約をすると、生活保護そのものが給付されなくなってしまいます。

仕事はしているけれど、お金がない

広い意味でこうした方がほとんどです。
貯金もないということになると、キャッシングの方向に行くことになります。
大手消費者金融や銀行カードローンでは、信用情報の金融事故がなく、収入があって返済ができるのであれば、即日融資が可能です。
ネットサイトからの申し込みで1時間程度で審査が終わり、融資も受けられます。
ただし、ここで考えてほしいのが、今借りたお金を確実に返済ができるかどうか?です。

今はないという貧乏

これから返済できるだけのお金が入る。
例えば、ボーナスなどです。
または、返済で1万円程度ならゆっくりと返せる場合のみ、キャッシングができるでしょう。
仕事をしている収入が安定としたら、借りられます。
中には、貯金には手をだしたくないから、わざわざカードローンを作る方もいますが、カードローンの中には、初めての方30日無利息サービスがある消費者金融も存在します。
これなら、担保定期貸付よりも返済が少ないですが、30日間だけで返済ができる場合に限ります。

これからも貧乏

仕事をしていても、キャッシングをしても返済が大変な場合は、無理に借りない方が良いです。
とはいっても、今必要なお金がある。
高校であれば、親の収入が低く授業料免除(子どもの成績にも関係する)、大学でも一部相談に乗ってくれたり、奨学金の形の借金ができます。
このようなお金では工夫があり、自治体でも相談に乗ってくれます。
そうではないお金の場合、返済しなくてはならないのであれば、どうしてもお金が作れないときには、借金そのもの、キャッシングそのものができないでしょう。
どんな目的のお金で、金融業者なのか、社会福祉協議会なのか、仕事をやめて失業保険なのか。
いずれにしても、今後もお金がない状態であれば、借金はできない、したとしても、もっと苦しくなると考えるのが妥当です。

▲メニューに戻る
 
お金の工面 無料相談

預金と生命保険からお金を作るほうが良い

キャッシングと定期預金貸付は違うのですが、定期預金などは解約までは、金融機関のものです。
また、生命保険も同様で、そこからのキャッシングと言えば借金扱いです。
満期まで、キャッシングで言えば完済ですが、そこまではきちんと片を付けることが必要になります。

定期預金で無傷の資金確保

定期預金貸付では、満期で十分な利息を付けて貰う前にキャッシングで借入ができます。
元はと言えば自分のお金ですが、借りた期間でも利息は継続です。
要は失った分の補足ができれば良いのです。
ちなみに、金利は自分の定期の利息に準じます。
ですから、低金利の今は、貸付金利も低いでしょう。

カードローンとの比較

定期は崩したくない。
ただ、カードローンやキャッシングは手軽ですが、金利差はものすごいです。
現在の定期預金で10%を超えることはないのですが、普通の大手消費者金融
カードローンで17%の金利です。
金融機関の定期預金貸付の金利が低いのは半端なく、間違いなく定期預金からの借入がオススメです。
生命保険がある方も契約者貸付をどうぞ。保険会社から渡されたキャッシュカードがあれば、貸付分の引き出せるようになっています。
借金だけど、返済義務を怠れば、満期金がないというだけの話しです。
借用書は、支払いした分であり、返済通知もきますが、払わないのなら、満期がない、生命保険の保障が受けられないことです。

金融商品のメリットとデメリット

定期預金にしても生命保険にしても、今までの蓄えです。
キャッシング、カードローンなどは金融商品ですが、金利は高いです。
ショッピング、クレジットカードと違い、貸金はどうしても高い金利があり、審査もあります。
たとえ、無職でも定期預金貸付などはできます。
審査の必要は全くないのですが、キャッシングはそうは行かないです。
収入なし、借入条件、信用情報などの審査で決まります。
問題がないとしても、大手消費者金融では16~18%程度、銀行カードローンでも14%台の金利です。

貸付の形で自分の財産などの借入では金利は少ないですし、途中放棄もありです。
解約返戻金が減ったり、満期が迎えられないのですが、生命保険だけはこれしか保障がない方は、安易な解約はオススメできないです。
貸付をしている、返済を続けていても保障は継続される事になっていますので、生命保険としての役割はあるのです。
借入ができないと言うのは、大方借りている場合です。
解約覚悟であれば、大半の貸付の相談もできます。
また、これは保険会社に相談をした時に出るかもしれませんが、保険の見直しを同時にすることで、今後の保険料の調整がある場合もあります。
いずれにしても、定期預金や生命保険の財産がある場合には、そこからの資金作りも検討してみてください。




 
▲メニューに戻る
 
お金の工面 無料相談

消費者金融でも借りられない方

お金を稼ぎたいと思っても、思ったより稼げない方、キャッシング審査に通らない方、生活そのものができないなど、お金がほしい、作らなくてはならない場合、うまく行かないこともあります。
生命保険も定期預金もない。
親も親戚も知人も頼めないということになると、消費者金融でしょか?

クレジットカードのキャッシング

2007年頃から、一部のクレジットカードのキャッシング枠が消えました。
これは無収入の方、専業主婦などは配偶者の収入証明がないと借りれないのです。
同時に、仕事に就けない、収入がない方、生活保護など公的給付を受けている方も金融業者からの借金はできないのです。
今までクレジットカードなどから簡単に借りていた方にとってはびっくりです。
クレジットカードのキャッシング枠は、消費者金融と同じ総量規制範囲内です。
ですから、消費者金融とクレジットカードのキャッシングは同じ借入限度額で連動しています。
銀行では、専業主婦などは借りれますが、信用情報の審査が厳しくなっているのは確かです。

大手消費者金融の審査

収入がある仕事をしている方を対象にしている金融業者です。
融資に際して連帯保証人、担保は要らないのですが、信用情報でブラックは審査落ちです。
借りる審査では、過去に借入事故があると審査に通らないです。
ということで、現在お金はほしいけれど、審査通過ができない方で、ブラックは大手消費者金融のキャッシングは無理です。

中小消費者金融の存在

金融機関では中小消費者金融もあります。
こちらは金融事故でも借りられる甘い審査です。
ただし、提出書類の中に借用書のような契約書があり、金利も高めです。
そして、一定の収入がなくてはならない、公的資金の給付では借りられないのですが、一部闇金では生活保護でも借金は可能です。
ただし、ここは金融機関でもなく、金融業者でもなく、単なる詐欺集団です。

生活費がない、仕事がない

普通預金にもお金がない、生活ができないのであれば、生活保護信用、生活福祉資金、社会福祉協議会の相談です。
この申し込みの時に借金があると申請は却下されます。
公的資金での返済は一切禁じられていて、仕事がない理由も身体的、精神的にできないことが証明されることが必要です。
また、決定までには長い時間がかかります。
今すぐ借りられないと困る、そんな方に関しては、まずは自身で作れるお金を考えること。
借金があれば、すぐに債務整理をするなど、身辺整理をしてから公的資金に行くしかないでしょう。
 
▲メニューに戻る
 
お金の工面 無料相談

お金を作る 収入がないと借りられない

お金を作るためには、定期預金の存在、生命保険の存在が大きな財産になります。
キャッシングに行く前に、これらの財産の取崩をオススメしますが、解約ではなく、担保定期貸付、契約者貸付がベストです。
担当者に聞く事で、自分のお金ですが、借金の形で現金を手にすることができます。
満期に満額受け取るまでの返済が必要ですが、返済が不能になったときに、解約をすることで、一部の解約返戻金があればそれも受け取れます。

100万円の価値

定期預金、生命保険に100万円の貸付限度があるとすると、返済はそれぞれの金利分も返済することになります。
ですから、保険料、預金以上に金融機関に支払うことになりますが、たいてい消費者金融の金利と比較をしても断然低いです。
定期預金がなくなるのは嫌ですが、他人に借金をするよりはましな行動であり、生命保険では契約者貸付をしたとしても、保険の保障の継続はあります。
最悪解約になるまでは対応できます。

収入があるから返済ができる

定期などではなく、消費者金融に借入をしたい方は審に通ることが必要です。
これは各金融業者で審査基準が違うのですが、収入があるだけではなく、過去の返済記録等も審査対象です。
大手消費者金融や銀行カードローンでは信用情報に金融事故があると借入はできませんが、審査の甘い中小消費者金融では借入の可能性があります。

収入がないと審査落ち

現在失業保険の収入があるけれど、勤務先は記入できない。
これはキャッシング不能です。
また、年金や生活保護の給付も収入ではないのです。
キャッシングで必要な収入では、勤務先がなければならないのです。
公的給付は対象外であり、借入の利用はできないです。
要するに、仕事をしていなければ借りることができないのが現状です。

借金をしているからお金がない

これは、金融業者からの返済ができなくて困っている方で、すでにブラックになっていると、お金は借りられない可能性が高いです。
カードが使えない、口座にお金がない方は、審査の甘い中小消費者金融などに相談も一つの手です。
信用情報の確認によって借りれたら良いのですが、収入は ないことには話しにならないです。
現在多重債務者であれば、借入している金額を圧縮することで、借りなくても済む場合があります。
どちらかというと、工面するよりも、返済を小さくすることを考える方が建設的かもしれません。
それぞれの状況ですが、預金がない、生命保険もないのなら、借りるのではなく、返済をなくす方も考えましょう。
 
▲メニューに戻る
 
お金の工面 無料相談

お金の工面 消費者金融

2018年04月11日 17時50分

お金を工面しなければならない状況。 背景にも、色々あると思います。 自活できない高齢者世帯や、病気やけがで働けないなど、 日常生活資金に困窮するくらいの、緊急性のある場合だと、 まず、公的…

お金の工面 カードローン

2018年04月11日 17時50分

お金が必要だけれども、カードローンなどで借入するのは、 最後の手段として取っておいて、できるだけ借入したくないという人の場合、 生協に加入している人ならば、出資金を取り崩すという方法があります。 …

お金の工面 借入

2018年04月11日 17時50分

自分がきちんと働いていて、急な家族の入院や、介護で、 お金を工面しなければいけなくなった場合、 給与の前借りを、頼んでみたらいいと思います。 なかなか言うのに勇気が必要だと思いますが、 毎…

お金の工面 貸付

2018年04月11日 17時51分

お金が急に必要になった。 支払日までに、何とかお金を工面しなければならない。 手持ちのお金をかき集め、 金融機関口座にある、お金も合わせたけれどもまだ足りず、 友達からも少々借金をして、あ…